論文を小保る

論文を小保る

MENU
RSS

「化学調味料が怖い」・・・家族を巻き込むオーガニック信仰

オーガニック信仰が強すぎると、化学調味料の入った料理は
食べられなくなって家族を巻き込みます。

 

化学調味料が使われていない物しか食べられないと言ったら、
100%自炊するしか無くなります。

 

カップラーメン、ファミレスやファストフードなんて完全にアウトです。

 

そればかりか、スナック菓子もチョコレートも食べられませんから
何を食べて暮らせばいいのかと思うほどです。

 

主婦が急にオーガニック信仰を始めると、
食卓が荒れるのは間違いありません。

 

いつも味付けの薄い、
美味しいとは思えないような食事ばかり出てきます。

 

そればかりか、旦那がカップ焼きそばでも食べていようものなら、
「何でそんなもの食べられるの!?」という風に夫婦喧嘩になります。

 

毎日の食生活はとても大切ですから、
家族を巻き込み離婚問題になりかねません。

 

他の大切な物を失ってまで、化学調味料が怖いなんて、
精神科を受診しなければいけない恐怖症か何かの一種かも知れません。

 

他の人と同じ食事が食べられない、水道水も飲めないという風になったら
確実に他の人と共同生活を送るのは難しくなります。

 

夫婦げんかで不倫・・・よくあるこんな後悔

 

不倫は社会的に決して許される行為ではありません。
そのため、不倫すると後悔することが多いです。

 

不倫するのは、配偶者への不満があるからです。
結婚してから数年経つと刺激がなくなります。

 

昔のように優しい言葉をかけることもなくなり、
家族になってしまうと夫婦生活がなくなります。

 

虚無感を感じているところに、
心の隙間を埋めてくれる相手が現れると不倫に走ってしまいます。

 

一度不倫の関係になると夢中になってしまいます。

 

配偶者にはそうした感情を抱けない、
自身の感情に対して深く後悔してしまいます。

 

また、不倫した相手を好きなることで、
完全に自分の物にならない現実に苛立つことになります。

 

そうすると、思い出したくない自分の生い立ちも思い出すことになり、
自分にはどうにもできなかったこれまでの人生に対して後悔することになります。

 

不倫でよくある後悔は、離婚が成立した後でもよく起きます。

 

職場や近所でヒソヒソと噂をされるようになり、
子供を引き取った場合、あの家の子の両親は不倫をするような人だから、
遊びに行くのはやめなさい、と言われることもあり、
子供がいじめの対象になります。

 

不倫が周りにバレてしまうことの代償は、
後悔してもしきれないくらい大きなものがあります。